大漁です!

愛媛県は西日本で最も高い石鎚山(1,982m)がそびえ、瀬戸内海・宇和海には200余りの島々があり、
海・山両方の美しい自然に恵まれています。このような自然の中で、南予地方は豊かな釣り場としても有名で、
全国の釣り師憧れのポイントがたくさんあります。
そんなポイントのひとつで、日本一細長い半島としても知られる佐田岬半島に出かけてきました。
ねらいは豊後水道に育まれた大きな真鯖です。この海域で育った真鯖は、愛媛県側に水揚げされると
「岬(はな)さば」となり、大分県側の港に水揚げされると、あの有名な「関(せき)さば」となって、
どちらも高級魚として取引がされています。特に今の時期の鯖は、脂がのってとてもおいしい!

ということで早速釣りを開始しました。すっかり暗くなり、いよいよ地合い(よく釣れる時間)になると
一緒に釣っていた人たちにも当たりが出始め、ねらいの大鯖が釣れ始めました。
そして私にも大きな当たりが!
しばらくの間、入れ食い状態が続き、終わってみれば久しぶりの大漁でした。

さっそく鯖寿司にして食べましたが「うまい!」の一言でした。

全国の釣り師みなさん!是非一度、釣って楽しく食べておいしい魚に恵まれた愛媛に来てください。
これからも機会(大漁)があれば愛媛のおいしい魚を紹介させていただきます。
以上、週末釣りバカ師でした。

2011.10.18(火曜日)   カテゴリー 社員, 趣味 | コメントはありません »

ページトップ